NEWS & TOPICS

2020.05.20

「緊急事態宣言」に伴う、本学の対応について(5月20日)

学生の皆さんへ

 本学では、新型コロナウイルス感染拡大の防止を目的に、前期始講を5月11日(月)とし、始講後の授業形態は当面の間、遠隔(オンライン)授業としています。学生の皆さんは問題なく授業に取り組めているでしょうか。5月25日前後に、遠隔授業に対するアンケートを実施する予定でいます。授業改善につながる忌憚のないご意見をお寄せください。

 大学としても、キャンパスでの授業再開のタイミングを模索していますが、札幌市においては、いまだ新型コロナウイルスの感染状況が収束したとはいえず、6月からキャンパスでの授業を実施することは難しいと判断し、6月13日(土)までは遠隔授業のみを継続することとしました。6月15日(月)以降についても、遠隔授業を中心としつつ、社会情勢と感染リスクを考慮しながら、卒業研究やゼミ等を含め、一部の授業はキャンパスで行う予定でいます。この方針をもとに、学生の皆さんは、科目担当者をはじめゼミ担当者やクラス担任とコミュニケーションを図り、高い学修成果が得られるよう学びを工夫してください。

 各学科の授業は、科目の順次性を保ちつつ授業時間割を変更し、実習・演習等は対面授業が再開できる時期に実施するなどの措置をして、皆さんが通常の授業と同等の知識・技能・態度を修得できるようにしています。今後も、当面、遠隔授業が行われることから、一部の学科においては、さらに授業時間割を変更する可能性もあります。大学では、全ての必要な教育を提供しますので、安心して取り組んでください。

 全国の大学で、学費減免を求める声があることは承知していますが、大学の授業料は、入学から卒業までの修業期間における学業修得に必要な教育の提供と大学運営に不可欠な施設・設備の維持管理などを総合して設定しています。このことから、授業料の減免・返還措置を行うことは考えていませんのでご理解ください。

 全国で経済的に困窮する学生が増えています。本学では、アルバイト収入等が途絶えた学生に対する「生活支援金制度(5万円)」の導入と遠隔授業の受講に必要なネットワーク環境の整備等に対する「通信環境整備支援金(3万円)」の給付、さらに授業料の延納措置を行っています。また、国においても、学生に対する支援を検討していますので、こうした制度を活用しながら、学びを継続してください。

 全学一斉の遠隔授業の実施は、大学にとっても初めての試みです。教員は遠隔授業を行うにあたり、皆さんの声を聴きながら、日々、授業改善を行なっています。学生の皆さんも大きなストレスを感じていることと思いますが、この試練を自信と成長につなげてください。今の努力は必ず皆さんの未来につながります。

 本学には学生相談室があり、メールや電話での相談を受けつけていますので、不安やストレスを感じたときには遠慮なく相談してください。また、不明な点は下記の問い合わせ先や、クラス担任に相談してください。困ったときには一人で悩まず、大学を頼ってください。大学は皆さんの学びを全力でサポートします。

 キャンパスで皆さんとお会いできる日を教職員一同心待ちにしています。

2020年5月20日
北海道科学大学
北海道科学大学短期大学部
学長 渡辺 泰裕

【お問い合わせ先】

・授業に関すること           教務課   kyomu@hus.ac.jp

・遠隔授業、PCサポートに関すること  情報技術課 jyouho@hus.ac.jp

・奨学金に関すること          学生課   gakusei@hus.ac.jp

・学費に関すること           経理課   kaikei@hus.ac.jp

・就職に関すること           就職課   syusyoku@hus.ac.jp

・入試、オープンキャンパスに関すること 入試課   nyushi@hus.ac.jp

・同窓会に関すること          校友課   koyukai@hus.ac.jp

・図書館に関すること          図書館   tosyo@hus.ac.jp

・健康管理に関すること         医務室   imushitsu@hus.ac.jp

・上記以外の事項について        総務課   somu-bu@hus.ac.jp

一覧へ戻る

ニュース&トピックス

NEWS&TOPICS

カテゴリ別

  • 資料請求資料請求