NEWS & TOPICS

在学生総合案内2021.04.27

札幌市の特別対策期間における授業実施について

学生、保護者の皆様へ

 

4月23日に北海道知事及び札幌市長から新型コロナウイルス感染症の特別対策として、大学に対してオンライン授業の活用等により密にならない授業の実施が要請されました。

本学は、今年度感染防止対策を講じながら、対面授業と遠隔授業を併用して授業を実施しておりますが、本要請に従い、人と人との接触機会を極力減らすため、特別対策期間中は以下の方針といたします。

①4月中の授業は、一部を対面授業から遠隔授業に変更します。

②5月6日(木)~5月11日(火)の授業(実質5日間)は、原則すべて遠隔授業に変更します。

 *具体的な変更内容は、所属学科・専攻等から学生の皆さんにご連絡します。

  5月6日以降も、一部で対面授業を行うことがあります。

 *特別対策期間の延長や、北海道・札幌市を対象に緊急事態宣言、

  まん延防止等重点措置などに基づくより強い要請があった場合は、

  本方針を延長することがあります。

 

特別対策期間終了後は当初の方針通り、対面授業と遠隔授業を併用して授業を行います。学生の皆さんに安心して学修に取り組んでいただくため、本学が実施している感染防止対策をいくつかご説明します。

授業を行う講義室は、距離が確保できるように収容人数を減らした運用を行い、既に密を避ける対策がなされています。また、抗菌・抗ウイルスに効果を発揮するといわれる光触媒コーティングを施工しています。食堂についても座席数を減らした上でアクリルパーテーションを設置、学内の学習スペースにもパーテーションを設置し、さらに各建物の入り口には十分な数の消毒液を配置するなど、できる限りの感染防止対策を行っております。

また、学生・教職員に向けた「感染拡大予防のためのガイドライン」を策定し、各自が感染防止対策に取り組むための行動基準や施設利用時の注意点についてまとめて発信しているところです。学生の皆さん一人ひとりがガイドラインを遵守し、感染防止対策にご協力いただいているおかげで、これまで本学において学内感染は発生しておりません。

この特別対策期間においても、これらの取り組みを継続することで、安心して学修に取り組んでいただきたいと思います。期間中並びにゴールデンウィークの注意事項については、学生支援センターからのお知らせをよくご確認ください。withコロナでの大学生活には様々な困難が伴いますが、一緒に乗り切っていきましょう。

 

2021年4月27日      

北海道科学大学     

北海道科学大学短期大学部

学長 渡辺 泰裕    

一覧へ戻る

ニュース&トピックス

NEWS&TOPICS

カテゴリ別